ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

社長挨拶

当社は1989年10月2日に、微小重力実験飛行を担当する三菱重工のグループ会社として発足しました。
設立時には、三菱重工が請け負っている防衛省航空機の修理工事の一部も同時に担当することで、会社活動をスタートしました。

その後、航空機を使用する運航事業では、微小重力実験飛行に加え、地球観測、大気観測、探索、撮影、通信・放送実験及び、災害時の被害状況調査等、航空機を活用するさまざまな分野でお客様のご要望に対応しており、各種技術発展の一助となっています。また、航空機の製造においては、修理事業に加えて新製機組立作業等も担当することにより、航空機の一部領域では一貫して作業することが可能となりました。

航空機運航事業と航空機製造事業という異なる事業を遂行することにより、当社の特徴である、航空機に係わる運航、製造、設計という幅広い機能/実績を確立し、お客様に満足いただける製品・サービスを提供しております。今後も航空機運航での確実な安全管理と防衛省工事での厳しい品質保証のシナジー効果で、安全、品質、納期を確実に守って、お客様のご要望にお答えし、社会に貢献して参ります。

藤田 徹
ページのトップへ戻る